作家たるもの風俗も大切

作家たるもの風俗も大切

売れっ子ではありませんが一応は作家です。仕事は執筆や取材。夜な夜な一人の世界に没頭することも多々あります。孤独との闘いでもありますし、アイディアがある時は良いのですが何も浮かばない時は苦痛です。そんな時は無理に何かを生み出そうとするよりも気分転換した方が断然良いんです。気分転換すると凝り固まっていた頭を一度リフレッシュするのでいろんなことが思い浮かぶようになるんですよ。では何で気分転換するのか。これも大切なテーマだと思いますけど風俗を結構活用しています。決して官能小説の作家ではありませんが、時には作家とはいえ本能の赴くままに楽しみたい時があるんです。ただ風俗店は遠いのでデリヘルですね。デリヘルだと夜中でも受付してくれているので、夜中に急にスランプになった時や一日ずっと原稿を書いていてリフレッシュしたい時なんかにはぴったりです。さすがに表立っては言いませんが、デリヘルが好きな作家は多いと思いますよ。