デリヘル嬢との素敵なひとときを体験談として載せています。

夜の必要はないからこそ

[駅チカ]で横浜の人気デリヘル店をランキングや検索で探す
風俗は夜に使うものという固定観念のようなものがありましたが、自分はデリヘルは昼間利用するケースが増えています。その理由は、昼のデリヘルの方が空いているし女の子の体力もまだまだ余っているのでプレイが丁寧だったりするし、何より夜より多少安めに設定している所が多いじゃないですか。フリーランスの自分は別に夜にこだわる必要はないのでいろんな形で楽しませてもらっています。昼間の方が臨場感があるかなとも思うんですよ。だって普通は夜じゃないですか。この「普通は夜」っていう気持ちがあるので、昼間に横浜のデリヘルで遊んでいると普通じゃないことをしているかのような気持ちになるんですよ。罪悪感とまでは言いませんけど、なんだか不思議な気持ちにさせられるんですよね。まさかの展開というか、意外な楽しさを楽しめるので昼間に利用するのもそれはそれで楽しいのかなと思っています。結局風俗はライフスタイルによって理想が違うって話ですね。

淑女という表現がぴったりかも

熟女、人妻という言葉よりも淑女という言葉が似合うような女性と楽しんできました。デリヘルは本当に幅広い女性がいるので楽しいですが、おしとやかというか大人の女性としての落ち着きがあって、それでいて綺麗。理想のような存在そのものって言っても良いですね。言葉遣いや佇まいがまさに大人の女性。人妻や熟女とはまた違った魅力のある女性だなって思いました。特に思ったのがとっても綺麗であるとともに、雰囲気がいいんです。服を着ている姿を見るだけでもドキドキものの彼女。そんな彼女を裸になって楽しむのって最高の瞬間なんじゃないかなと思いました。裸になるのを見るのにドキドキしたのは風俗でも珍しいほど。いつもはデリヘルなんかだと相手が裸になっているのは当たり前なので何も思いませんが、その淑女との時間だけはまるで何か特別なことをしているかのような時間を過ごせました。たまにはいつもと違う女性と楽しんでみるのも良いものだなと思いました。

未亡人とのことで燃えた

未亡人という女性と楽しんできました。風俗にはいろんな女性がいますけど、さすがに未亡人の女性とは初めてのプレイでした。彼女が所属しているデリヘル店のホームページを見た時、本当なのかびっくりしました。でも未亡人っていう言葉の響きがどこかいやらしいものだったし、未亡人という言葉が似合うドキドキ感のある女性だったのもあってプレイはとっても楽しいものになりました。そもそも、未亡人という言葉を見た時点で既に自分の頭の中には「未亡人」という言葉に支配されていたんだと思うんですよ。それが証拠に、いつもとは違うドキドキ感を求めている自分がいました。プレイしてる最中もずっと「未亡人の女性と風俗で楽しんでいる」と思っていましたからね。気付いたらなんだかとっても楽しい時間になっていました。快感はもちろんですけど、何より未亡人との初プレイだったのもあって印象に残っています。こうしていろんな女の子と楽しみたいものです。